空室対策のノウハウ│不動産会社とうまく連携を取ろう

収入物件の仕組み

積み木

収入物件は投資用マンションや投資用アパートといった物件のことを指します。この収入物件で購入したマンションやアパートを第三者に貸し出し、家賃として利益を得ることによって運用する投資方法になるのです。収入物件で投資を行なう場合、購入する物件を慎重に選ぶ必要があります。その理由としては収入物件も空き部屋が多ければ家賃を得ることができずに損益しか生み出さないためです。収入物件で購入する不動産を新築にすれば、新築という響きだけで人が興味を示します。集客効果としてはかなり効果がありますが、購入の際にかかる費用が大きいのが短所になります。その逆に中古物件の場合だと購入にかかる費用はさほど大きなものではありませんが修繕費やメンテナンスにかかる費用が不明なため不安の種になります。さらに中古だと人が興味を持たないこともあるのでその点が短所と言えるでしょう。
収入物件で気をつける点として家賃があります。いかに優れた立地条件や設備であっても家賃が不釣り合いの場合だと集客がありません。そのため家賃設定に関しては周辺の不動産の相場を知っておく必要があります。その相場に管理費などを組み込ませて設定することでバランスが取れるのです。収入物件を購入すれば儲かるという考えでは失敗に終わる可能性が高く、購入したあとからどう運用するかが重要になるのです。もし運用が難しいと感じるのであれば不動産管理会社に依頼してみるという方法もあるのでそれも視野に入れて運用していきましょう。