空室対策のノウハウ│不動産会社とうまく連携を取ろう

賃貸保証会社のメリット

住宅模型

家賃の滞納は、賃貸物件の契約者も貸し出し主も大きな損になります。貸し出し主としては当然家賃による収益が無くなることが損になりますし、賃貸物件の契約者としては払えなかった分の家賃を保証人が請け負うことになるためです。双方とも良いことがない家賃滞納の問題を賃貸保証会社は解決することができるのです。賃貸保証会社とは家賃の滞納があった場合、賃貸物件の契約者の代理として支払うサービスを行なっている会社になります。貸し出し主としては連帯保証人よりも信頼性があるためしっかりと家賃で収益を上げることができます。また、賃貸物件の契約者としては連帯保証人の代わりが賃貸保証会社になるので親や兄弟といった身内に依頼する必要がないのがメリットになります。
身内がいない高齢者や外国人の滞在者にとってはこの賃貸保証会社はかなり利便性が高い会社となります。そのためこのような会社と連携している賃貸不動産会社は人気が高いのです。しかし、いくら連帯保証人を必要としないからと言っても家賃の滞納は認められるものではないため、しっかりと計画を持って支払いを行なうようにしましょう。未納や滞納があった場合は賃貸保証会社が契約者に取り立てを行なう可能性もありますので、気をつけなくてはいけません。それでも払えない、払う見込みがない場合には契約が破棄されたり、法的処置として賃貸物件から追い出されてしまうケースにまで発展することもあるのでからなず払うようにしましょう。