空室対策のノウハウ│不動産会社とうまく連携を取ろう

家賃債務保証とは

紳士

賃貸物件を契約する時に家賃債務保証という言葉を耳にすることがあります。この家賃債務保証というのが契約した本人が家賃の未払いを行なった時や滞納ということが起きてしまった場合、第三者がその家賃を代理で支払うという保証になります。今までの賃貸物件の契約では連帯保証人といったものを用意し、契約主が払えない場合にはこの連帯保証人が払う仕組みになっていました。しかし、最近では家賃債務保証サービス会社というものが設立されて、連帯保証人ではなくこの会社が支払うようになっているのです。仕組みとしては契約時にあらかじめ家賃債務保証サービス会社に家賃の一ヶ月分を支払い、仮に家賃の未納が発生してもその会社が建替えくれるというものになっています。これは家賃債務保証サービス会社によって変わってくるため一概には言えませんが一般的にこのような仕組みになっています。
連帯保証人というものだと大きな負担を抱えてしまうため、なかなか賃貸物件の契約が決まらなかったものもこおサービスができてからは契約も伸びているようです。さらに賃貸を行なっている業者もこのような家賃債務保証サービス会社と提携を結んでいることが多いので気軽に契約することができるのです。こうしたサービスは借りる側も貸す側もうまく利用できるため良いサービスとされています。もし賃貸物件を探しているのであればこのようなサービスを提供している不動産会社から選ぶという方法もいい選択肢といえるでしょう。